進捗(12/19)

 

●ビデオセミナー

・橋元の物理(29)

・1891 用語確定の手法

・2167 CV作成時のレート設定とその考え方

・2168 複数辞書の串刺し検索を超えたレベルでの訳語確定ができるか?

 

翻訳対象の技術の世界観を把握できていない → その分野では違和感のある用語を当てる

ということをやってしまいました。

言い換えのorで訳して

「要素粒子である一次粒子」

とするとポリマー粒子の表現としてはいっそう違和感があります。

 

1.「基本粒子」という言葉がすぐに思い浮かぶ(関連語彙も頭の中にある)

→ 確認のために辞書をひく場合もある

 

2.「基本粒子」という言葉がい浮かばない

→文脈における「最小単位の粒子」が「ポリマーの球」という認識を持ったうえで、

当業者は何と呼んでいるかということをネットと特許庁DBで確認する

 

高速処理して安定稼働するには、1.のレベルに到達しなければなりません。

1つ1つ積み上げていくしかないです。

まず大量に読みます。そして、整理します。

 

また、「出発物質」・「最小単位」→「基本単位」という発想ができないことから、

日本語力にも問題ありです。。。

読むことと並行してアプトプットしていきます。

説明もへたくそなのでブログを練習台として使います。。。

 

●粒子まとめ

ポリマー粒子以外も

●生化学教科書

こちらは長期計画

●物理の散歩道、化学のドレミファ5

演算型 博覧強記型

 

気分転換に買い物がてら散歩。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*